スポンサーサイト

  • 2018.03.27 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


あなただけの酒場

恋人の泣き言?を聞く。スナックのママかのように。

彼は脳と口が直結していて、思ったことをそのまま口に出すタイプで、特に飲むとひどくなってしまう。

酒席で目上の人とかに暴言を吐いて、

やっちまった……

とうなだれる彼を見るのは、はじめてではない。

彼の暴言にはわたしも相当傷ついていて、こういう失敗を重ねて、すこしずつでも変わっていってくれないかと、切に切におもう。

しかし今ちょっとほっとしているのは、わたしだけにひどいわけじゃないいんだ、という安堵?

って、ダメなところに安心してどうする!

こういうところから、だめんず好きといわれてしまうのかしら。。

甘えさせてあげるのは嫌いじゃないけど、甘やかしとの線引きが難しい。

塩こんぶ

代々公でお花見。

こないだ飲みやさんで食べた、塩こんぶを使ったサラダにインスパイアされて、塩こんぶ入りポテトサラダを作って行ったら好評だった。じゃがいもに、マヨネーズと塩こんぶだけ。シンプルだけど、塩こんぶの味わいがいい感じ。

わたしたちのグループは、なぜか大量のワインボトルを林立させていて、よそからオープナーを借りにくる人がいたほど。最終的に10本ばかり空にして、なおかつ何本も余っていた。

予報に反して雨が降り出し(去年もだった。)沖縄料理やへ移動。そこでも飲みつづけ、へろへろになって、帰りの電車の方向を間違った。乗る前に気づいたけど。

お花見って、時間が長いからか、寒さを紛らわそうと飲むからか、毎年ひどい状態で帰宅する羽目になる。


おまけ
最初植えていた植物を押しのけて、雑草が幅を利かせている鉢がいくつかある。それはそれで、「雑草の寄せ植え」として好きにさせている。

あまり窓を開けることのない北側のベランダ、ひさしぶりにのぞいてみたら、「雑草の寄せ植え」鉢にこんな花が。
すみれ?

ワインとグラス

家でよくワインを飲むのだけれど、まともなグラスを割ってしまって以来、しょうもないグラスで飲んでいた。

昨日、お休みだった彼がお夕飯を用意してくれるというので帰宅してみれば、いいグラスを買ってきてくれていた。サプライズ!

うちではボルドーの赤をハウスワインにしてるので、ボルドー用の。

ちゃんとしたグラスで飲むと、ワインの味が良くなってシアワセ

しかし、口当たりの良い薄いグラスは繊細で、すぐに割りそうで怖い。。気をつけないと。

Pizzeria e trattoria da ISA

ご近所にできたPizzeria e trattoria da ISAへ。

「気軽な食堂」を目指しているようで、テーブルも椅子も内装も、簡素なファストフード風。でも美味しい!

レモンと生クリームとパルミジャーノのタリアテッレ
100309_215217.jpg
レモン大好きなので、こんなに豪快に入れてくれるととてもうれしい

ピッツァはマルゲリータ、といってもここにはマルゲリータが何種類も。トマトソースではなくミニトマトを使ったものを頼んだのだけど、載っていたのはミニではなく、普通のトマトだったような??美味しかったからいいけど、ミニだったらさらに美味しかったのではないかと。

赤ワインは2007年と若いけど、お手ごろで十分楽しめるのをいただきました。

あとは温かい前菜をいくつか。オーブンではなく窯で焼いているみたいで、香ばしい。

雪の平日だけどほぼ満席で、とってもにぎわっていて、静かなお店が好きな向きならば落ち着かないかも。あと、テイクアウトもやってて、店の入り口に常に開いている部分があるので、席によっては寒かったりも。あえてそうしていることなので、各々が良しとするかどうかですが。

好みの分かれそうな点はありつつも、お手ごろに美味しく食べられるお店なので、友達が遊びにきたりしたら連れていきたいし、テイクアウトもいいかも!


ジビエ

西麻布「またぎ」へ。

名前のとおり、ご主人みずから仕留めてきた野生動物たちを供するお店。

連れが惚れ込んでいるので来てみたものの、臭みのあるものが苦手なわたしは、ちょっと不安もありつつ。。

猪の焼肉と鍋をオーダー。なぜか猪づくし。

ワインは

レ・テラス・デュ・シャトー・タイヤック '01
エレガントで美味!

赤身が鮮やかな猪肉は、しっかりした歯ごたえのある豚肉って感じ?

ぼたん鍋は味噌味で、ワイルドなきのこも入っていて、野趣満点。ここ、西麻布やのにー。締めはすいとん。超弾力!


野生のいのち、美味しゅうございました。囲炉裏はテンションあがるね


 

肉食系

会社の送別会で、白金の焼肉ジャンボへ。

極上

裏メニューの稀少部位だけを次々と。とろけちゃう。

獣肉はからだへの負担が大きいから、あまり食べないけれど、嫌いなわけではない。日常的に食べるより、ときどきすごく美味しいのを食べるくらいがいいんだろうな、って。

素晴らしいチョコレートには芸術を感じるけど、素晴らしい和牛も同じかも。残酷は承知で。

パンクサマ

静岡おでんバー「ホームラン」へ。

行くたびいつもスケボーのDVDが流れていたのだけど、今回はTVで、ビストロスマップだった。中居君の無帽姿を久しぶりに見たけど、やはり怪しい。髪が。

本日は、奥にピエール瀧やら卓球やらがいた模様。テンションあがって外に出てみれば、停めておいた自転車のタイヤに画鋲が刺されていた。悪意がどんよりとのしかかってくる。嫌やわ。


帰りみち、コンビニでpenの草間彌生特集を立ち読み。

屋根に巨大な草間カボチャを載せている病院の写真があった。(院長の趣味) 素敵。いってみたいなー。


今朝は、駅まで歩く途中、かねて気になっていた、午後の紅茶 エスプレッソティーを朝ごはん代わりに飲んでみた。

缶入りミルクティーって甘すぎるのが多いけど、これはエスプレッソ抽出の苦みが効いていて、なかなかだった。会社の近くにも、エスプレッソ抽出紅茶を出すお店がある。結構スキ。


ろくなもんじゃねえ

酒に酔うと、あちこちへ電話をかける人がある。

昨夜。降りるべきバス停を逃して、あー、ってなってる夢をみているところで、電話が鳴った。

謎の番号。なのに、寝ているときに電話してくるなんて、御主人さまに決まっている。と寝ぼけた頭で決めこんで、応答。

誰???

その男は名を名乗るのだけれども、思いだせない。昔、「オレオレイタ電」にひっかかり、相手を恋人と思いこんで、恥ずかしいことを言わされた(しかも電話を切るまで気づかなかった)記憶が甦る。

が、声の感じから、おそらくあいつ、という人物が思いだされてきた。ネガティヴなところに嫌気がさして、もう連絡することないわ、って、機種変の際にメモリを移さなかった男である。

つくづく、面倒な奴。

男は、相も変わらず、ネガティヴなことをくだくだと話した。

若いころならいざ知らず、いい齢をして、うじうじしたことばかりいう男は、いっそ蹴りたくなる。

大切なひとならば、弱音だって受け止めるけれど、残念ながら、この男はわたしにとって大切ではなくて。

つきあいきれん、て、殊更に眠さを強調した声でもって、電話を終了させることに成功。時間をみれば、5AM。

ろくでもない!

天現寺

お誕生日には仕事をさぼって

天現寺カフェ。

ハートのカップでハーブティー&お取り寄せスイーツ「はちみつロールケーキ」をいただく。震える美味しさ。きのとや(札幌)のプリンもあるよ。 

それから、天現寺カフェ階上にあるイタリアン「incanto」へ。ここは撮影NGなので写真はありませんの。

 食前酒には苺のカクテル。苺たっぷりでとても美味しかった。 

選択肢が多くて、黙々と選ぶことになると評判のプリフィクスコース、ほんとに決めるの時間かかった。ふたりで別々のものを頼み、わたしは満足だったのだけど、連れはメインのソースに不満を述べる。店のひとに聞こえるのではないかと、ひやひや。わたしが残念だったのは、ニョッキ(じゃがいもの丸っこいパスタ)がなかったことくらい。ポレンタ(とうもろこし粉を練ったの)を食べれたのはうれしかった。 

ワインはトスカーナのなんやら。(完全に失念。。)いいグラスで飲むと香りを満喫できるからいいなぁ。グラス欲しいなぁ。 

それからうちの近所のバーで、もすこし飲む。結構な量のドルチェをいただいたあとなので、いつもの甘ったるいミルキーなカクテルの気分ではなくて、リップスティックやなんかを。

 あぁ、美味しいいちにちだった

Leavin old shit behind

木曜も金曜も日本酒をのむ。

日本酒が苦手とか、酔いすぎるというひとがいるけれども、わたしには合っているのか、日本酒でひどいことになった経験はない。いちばん危険なのは、やぱテキーラかしらね。。

ひどいことにはなっていないけれども、したたかに酔って、それでも今朝は寝過ごさずに学校へ向かって、駅。ホームで忘れ物に気づき、家までもどる。なにやってんだ。。

遅刻して、授業がおわって、大事件。携帯水没!

あーもうなんて日だ、とおもいつつ、まずはお買いものに。

キラキラつきのサテンの靴買った

そんで携帯ショップにいったらば、機種変を勧められる。

濡れた携帯は、電源は入るものの、液晶がいかれていて真っ黒。バックアップを取ってないメモリーは諦めるしかないらしい。

この際、こっちから連絡したいひと以外はバッサリ切り捨ててしまうのも悪くないさ。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
twitter
訳書


social library
BCCCS
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
SEO
無料でSEOならSEO.CUG.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ボタニカル・ライフ―植物生活
ボタニカル・ライフ―植物生活 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう
都会のベランダで、小さな緑たちのしたいようにさせる、自由放任園芸。植物たちとの日々は、静かで悦びに満ちている。
recommend
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

少女たちが神隠しに遭ったのは、少女という生きものがこちらの世界とあちらの世界のはざまをたゆたうものだからなのかも。
recommend
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
町でいちばんの美女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
チャールズ ブコウスキー
貴男が私を愛しているって証拠が欲しくて、私は私を傷つける。
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links