イヤな気持ちを消す技術

 こどもは可愛い。けど、時にものすごいイライラを与えてくる存在でもある。

 こどもが憎いのではなく、目の前にある困った状況がイヤなだけなんだけど、笑顔になれなくて、こどもにも自分にもよくないなーこの感じ、という場面をなんとかしたくて、この本を買ってみた。

 まず気づいたのは、この本でいう「イヤな気持ち」とは、今ここにある状況というよりは、過去のイヤな経験(トラウマ)であるということ。でも、手法としては応用できそうだから良しとしよう。

 読み終わった結果として、この本の手法は、今とても役に立っている。いろいろなことが書かれているけれど、私にとって有用だったのは

「体験したことをどのような記憶として持つかという問題は、……それをどう統合するかにかかっています。

自分に都合よく統合するのも、都合悪く統合するのも、それはすべて自分がやっていることだと、はっきり自覚することです。」

という考え方。

 すべてはただ「在る」のであり、それになんらかの意味付けをしているのは各人の脳であって、絶対的な正誤や善悪というものはない。

 脳科学の観点からも、またスピリチュアルな観点からも、想念の力ということがいわれ、それはできると思えばできるし、できないと思えばできないということ。ポジティブに考えるもネガティブに考えるも自分次第であり、現実は自分が考えた方向に動いていくのだということ。

 目の前の状況をイヤだなーと思い、それに囚われるというのは自縄自縛とでもいうような不毛な行為。体調が思わしくないことを気に病むことも然り。(並行して健康的な生活を心がけつつ)病気を卒業したと宣言すれば、からだもそのように反応するのでは??

 と考えて、日々実践ちゅう。ネガティブな感情がストレスを生むので、ストレスがだいぶ減ったような気がする。

 ありがたや!

本当は危ない植物油

 健康的な食を考えた場合に重要なのが、糖と油脂。

 油脂に関しては、トランス脂肪酸の危険性とか言われるようになってきたけれど、マクロビ等で多用される菜種油がよろしくないとは!
 菜種(キャノーラ)油がなぜ良くないかというと、ラットで寿命短縮・異常行動(落ち着きがない、痛覚過敏)がみられ、それが母子間でも引き継がれたたためだそう。

 その他いろいろな植物油の問題が指摘され、結局のところ著者がおすすめするのは「シソ油・エゴマ油」だという。これは他でも多く言われているので知っていたけど、高い&加熱に向かない&味が好みではないので私は使っていない。

 結論は、シソ・エゴマ・亜麻仁・フラックス以外の植物油はどれも良くないという残念な結果に。最近話題のココナッツオイルも、ステロイドホルモン代謝に影響があって良くないみたい。植物油より良いとされるのが、魚油、バター、ラード、ヘッドなどの動物性油脂。動物性のものを食することを是とするか否とするかにはいろいろな思想も絡んでくるけれど、純粋に油脂の安全性を考えるとそういうことらしい。

 外食とかもあるし、完全に排除するのは難しいけど、なるべく良い油脂を選びたいものです。勉強になりました。





スピリチュアリズム

 2007年に出版されたこの本は、当時のスピリチュアルブームの中心的存在であった江原さんを軸として、スピリチュアルといわれるものについて紐解いていく。
(江原さん、最近見かけないけどどうしているのかな?)

 基本的には洗脳や脳が見せた幻覚ということで、神秘体験に関しては否定的なスタンス。私は神秘体験はありうると思うけれど、スピ系に関わる多くの人が「ドラッグ中毒や心の病」であるというのはほんとうだと思う。詐欺師的な確信犯も多いだろうし、虚言癖というか、事実ではないことを事実だと思い込んでいる人もいるだろう。(この辺は脳科学で説明可能みたい)また、見えたり聞こえたりする能力があったとしても、それと霊性の高さとはまた別の話であり、能力者=他人を導く善きシャーマンというわけではない。

 オウムについても触れられていて、面白かったのは仏教の中観思想という考え方。空観と仮観を上手に維持する思想で、「空:すべては観ている自分が作り出した情報状態にすぎないのだから、悪をもたらす者はポアしても構わない」と「仮:目の前にある物質は突き詰めていけば素粒子にすぎないが、皆それぞれ机や椅子など仮の役割を果たしている」のバランスを取り、「隣の人間は自分にとっては迷惑だが、彼は彼なりの縁起の中での自我があるので、ポアしてはならない」となる。仮観が絶対になってしまうと自分の土地は広ければ広いほうがいいということになり、また空観だけだと気に食わない世界は全てリセットするということになる。なので平和のためには中観思想が不可欠だ、と。

 苫米地博士は、自身の超絶的な思考を私のようなあまりキレの良くない頭でもわかるように説いてくださるので面白い。ほんとうに頭がいいってこういうことなんだろうな。

 以下、気になった言葉たち。

「世界が平和になってから皆でLSDを使うといいかもしれません。平和になる前に使うと洗脳されるから危険です。」

「空に向かってツバを吐くと自分の顔に戻ってきますが、まさに因果応報です。……ツバをもの凄い速度で吐き出して二○○年ぐらいして戻ってきたとします。そのツバを顔に受けた人があなたの生まれ変わりということです。あなたはすでに死んでいますから、ツバを受けた人は別な人です。でもあなたの業を受けたのだからあなたの生まれ変わりです。……アートマン[自我]が永続するから輪廻転生するのではなく、縁起の因果は継続するので、その縁起の対象が生まれ変わりと呼べますよという哲学です。……縁起による業の継続性による生まれ変わり説です。固有なアートマンが継続するからではないという説明です。」

スピリットウォーカー

 事実は小説より奇なり……

 著者ウェスルマン博士は、5000年後に生きる自分の子孫であるハワイ人男性の体に幾度も入り込み、未来の地球を体験する。

 科学者である博士は、神秘体験などというものには懐疑的だったのだが、自らがそこへ投げ込まれ、葛藤しながら状況を分析していく。

 5000年後の地球は、温暖化による海面上昇を経て、石器時代に「逆戻り」しているという。

 これにはなんだかほっとさせられもした。人間の身の丈に合った暮らしって、そういう感じなのかな、なんて。

 霊の世界では時間は双方向に流れるという。同じ魂が転生を繰り返す目的は、このように述べられている。

 すべてのものは二重の性質を持っていて、「不善」は「善」の残りの片方にほかならない。……人が成長するとき、なすべきつとめの1つは、自分の本性の明るい面を是として暗い面を克服すること……人はそれぞれ多くの人生を経て時を旅していき、ついには大いなる原型の内にある自分の運命を成就する。

 未来の暮らしが原始的であるあたりや、転生の解釈など、『クラウドアトラス』的でもある。

望みなき時代の幸福論

 発売前から予約していたのに、なかなか読む時間がとれず今日やっと読了。

 高島先生の凄いところは、いわゆるスピリチュアルな方向と、政治経済分析という方向と、相反するかとも思われるふたつを冷静かつ対等に扱うところだと思う。

 スピリチュアルをスピリチュアルなやり方で語ると、関心のない人には伝わらなかったり、胡散臭く思われてしまうことが多い。目に見えないものをどう捉えるのか、霊なのか天使なのか電気信号なのか、それは好きずきでいいと思うんだけど、多くの人に伝えるためにはあまりある方向に傾きすぎていないほうがきっといい。

 この本では、今世界で起こっていることの意味は何か? 混沌とした時代の中で幸せを見つけるには? といったことを考察している。幸せを見つけるといっても、スピリチュアルな本にありがちなふんわりとした精神論ではなく、もっと現実に即したかんじ。

 以下、最近日本をはじめとした各国で台頭するナショナリズムについてのくだりを引用します。

--------------------------

ハンク・ウェスルマン博士:ナショナリズムの正反対にあるものを経験するために、今、世界はナショナリズムを経験しているのかもしれませんよ。分離と差別をもたらすナショナリズムは、”普遍的な繋がり”を導くための”刺激”なのかもしれません。

(中略)

ジル・カイケンダール(ウェスルマン博士の妻):今、我々は新しいサイクルに入ったのですが、そういった時には、古いものの死と消滅を経験します。そして、消滅するものはその前に、傾向やパワーが一旦強まるのです。今、世界的にナショナリズムが強まっているのはそのためなのでしょう。

糖質は嗜好品

 とても面白かった。

 賛否両論ある「糖質制限」についての本。 
 個人的には糖質は控えたほうがいいと思うけどゼロにはできないかなー、なぜなら非常に魅力的な「嗜好品」だから。

 世に健康法、食養生、さらに飛躍して思想ともいえる「何を食べるべきか」という論は溢れているけれど、食は喜びや芸術でもあると思う私は、嗜好品を否定できない。
 栄養の基本原理を理解したうえで、どの程度嗜好品を摂るかは状況に応じて判断していけばいいかな、と。

 この本の面白いところは栄養学にとどまらず、糖質=穀物の栽培、つまり農耕の起源などまで考察している。社会の仕組みに関しても鮮やかな解説がなされているので、健康のことだけ考えてこの本を手にとった人が、社会の矛盾に気づいたりしたら楽しいかも。

聴くだけで心と体が安らぐ周波数「528Hz」CDブック

 遅ればせながら、昨年発売され話題となっている『聴くだけで心と体が安らぐ周波数「528Hz」CDブック』を読ませていただきました。

 この本は、「モーツァルト音楽療法」を研究されてきた埼玉医科大学の和合教授が、528Hzが人体に与えるよい影響を探るというものです。科学的裏付けはまだ弱い、と教授もおっしゃっていますが、それでも無視できない体感レポートが多く寄せられているということは、きっと未解明の何かがあるはず。それは何なのか?と、さまざまな仮説を立てておられます。

 誰にもわかりやすい言葉で書かれてあり、「HEARTRICKS」によるCD(5曲入)も付属しているので、手にとってすぐに528Hzの世界を体感することができる実践的な本だと思います。私はオルゴールのような2曲めの「Music Box」がお気に入りです。

 スピリチュアルな分野で盛り上がりを見せている528Hzですが、体感があるということは、科学的にも説明ができるはずです。今日の科学がまだその段階に達していないとしても、この先きっとわかっていくことだと思います。和合教授のような方々がその道筋をつけてくださるのでは?と期待しています。


マジック技術を応用したMKウルトラ計画

 MKウルトラ計画とは、1950〜60年代にかけて行われていたCIAによる極秘プロジェクト。
 冷戦対策のため、薬物を使った洗脳や自白などの研究が行われた。被験者に知らせぬままLSD(幻覚剤)を投与するといったトンデモ実験もあった模様。ちなみに、LSDはあまりに予測不可能な結果をもたらすということで使えないという結論に至ったそうな。

 MKウルトラ計画の書類は1970年代にすべて破棄されたはずが、どういうわけかそれを免れたものがあった。有名マジシャンのジョン・マルホランドによる「騙しのテクニック」と「合図と目印」マニュアルだ。この本は、それを邦訳したもの。

 内容はというと、どうやってモノを隠すか、気付かれないように受け渡しをするか、などといったことが丁寧に説明されている。コインに細工をして中に何か仕込むとか。メンタリストDaiGoの種明かしに通じるような、相手の心理を読んで裏をかくところが面白い。

 扇情的なタイトルがついてますが、陰謀論的な内容ではありません。ご参考まで。

東京で感傷的になる100の風景

 好きなタイプを訊かれると、決まって「弱そうな人」と即答していた。

 虚弱で繊細な男性に弱い。もちろん又吉くんも超好みのタイプ。そんな彼が綴った東京の風景、きゅんきゅんする。

 何者かになろうと夢見る貧乏な若者たちが東京には溢れている。夢しかない彼らの日々がこんなにも胸を締めつけるのは、きっと私がもうそこにはいなくて、もうそんな齢ではないからなのだろう。

新しいサイクルがはじまる2013年

 『神霊の世界に覚醒して』に続く、人類学者にしてシャーマンのハンク・ウエスルマンの本。

 いま、多くの人が少しずつ違う表現で同じようなことを言いはじめている。それは、同じヴィジョンを見た人々が、自分の言葉でそれをあらわしているからではないだろうか? つまり、そのヴィジョンは個々人の世迷い言ではなくて、実際に存在しているのではないだろうか?

 私の胸にすとんと落ちる言葉は、どれも寛容で、公平だ。どんな魂にもよりよいステージへの道が用意されている。それに気づくかどうか、選択するかどうかは自分自身にかかっている。

 以下は心に響いたヘイル・マクア長老の言葉です。


「時に優しく、時に怒り狂う神がいるといった、ユダヤ教やキリスト教、イスラム教の神は神話にすぎません。これは、恐れや分離を生み出すためにつくられた神話なのです。分離や支配を通じて、宗教団体は、2000年にわたりみなさんを支配してきました。その過程で、多くのものが失われ、多くの者が『神』の名の下に犠牲になりました」

「私たちはおもしろい時代に生きています。宗教の世界で当然と思われてきたことのほとんどが、実は人間の文化により捏造された幻であり、私たちがほんとうは何者で、どこにいるのかを知ることを妨げるためにつくられたものだということが明かされようとしているのです」

「この世の状態や、内容を伴わない皮相的な人類の状態はとても心配ではありますが、このようなものから喜んで離れていき、超然と運命を受け入れようとしている人が増えているのも事実です」

「社会から身を引く者は人と離れて活動するかもしれませんが、離れている中にも、特に地球や動植物の世界に対し、深く思いやりにあふれたケアの気持ちを持っています。
だから、彼らは社会の落ちこぼれなどではありません!
彼らは、古いパラダイムに参加することを拒む者です。というのも彼らは、次のレベルに進む準備ができているからです」



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
twitter
訳書


social library
BCCCS
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
SEO
無料でSEOならSEO.CUG.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ボタニカル・ライフ―植物生活
ボタニカル・ライフ―植物生活 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう
都会のベランダで、小さな緑たちのしたいようにさせる、自由放任園芸。植物たちとの日々は、静かで悦びに満ちている。
recommend
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

少女たちが神隠しに遭ったのは、少女という生きものがこちらの世界とあちらの世界のはざまをたゆたうものだからなのかも。
recommend
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
町でいちばんの美女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
チャールズ ブコウスキー
貴男が私を愛しているって証拠が欲しくて、私は私を傷つける。
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links