<< メルガレホ フラントイオ EXVオリーブオイル | main | ギケイキ >>

おむつで入園

 もう1年以上トイレトレーニングを続けているけれど、はるちゃんのおむつが取れない。

 

 タイミングよくトイレに連れていけばできるけど、自分から教えてくれない。

 

 3歳も過ぎ、「できるだけおむつは外してください」という幼稚園への入園も控え、あの手この手とがんばってみたけれど、本人が教えないことにはどうしようもない。

 

「まだ取れないの?」

「お母さんがもっとがんばらないと」

 

なんて外野の声もありつつ。

(こういうこと言うのは年配の人。昔と今でトイレトレーニングに対する考え方が違うからなのだろう)

 

 年の近い子のいるお母さんたちに聞くと

 

「何もしなくても幼稚園に行ったら取れた」

「こんなことでイライラしても仕方ないから何もしない」

 

なんて人もいる。

 

 どっちが合理的かって、放っといてこどものタイミングでできるようになるほうなんじゃないだろうか。

 

トイレでできたらシール貼ろうとか

トイレ行ったらおやつにしようとか

かわいいパンツを濡らさないようにがんばろうとか

 

 どれだけ誘導したところで、本人がおむつをやめようと思わない限り、卒業にはつながらない。

 

 逆に言えば、本人がそうしようと思えば、何もしなくてもそうなるわけで。

 

 親としては、漏らされると後始末が手間だし、布おむつの洗濯や紙おむつの出費などもあるから、早くトイレでできるようになって欲しい。

 

 でもそれは、こちらの都合でしかない。

 

 私は

 

こどもは天から預かっているのであって、親のものではないのだから、自分とは違う人格/魂であることを尊重しなくてはならない

 

と考えている。

 

 だから、本人が自分からそうしようと思うまで、待つしかないのかな、と。

 

 とても難しいけれど、思い通りにいかないことにイライラするのもやめたい。

(意味がないからね)

 

 修行っすね!


スポンサーサイト

  • 2017.08.23 Wednesday
  • -
  • 15:48
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
twitter
訳書


social library
BCCCS
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
SEO
無料でSEOならSEO.CUG.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ボタニカル・ライフ―植物生活
ボタニカル・ライフ―植物生活 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう
都会のベランダで、小さな緑たちのしたいようにさせる、自由放任園芸。植物たちとの日々は、静かで悦びに満ちている。
recommend
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

少女たちが神隠しに遭ったのは、少女という生きものがこちらの世界とあちらの世界のはざまをたゆたうものだからなのかも。
recommend
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
町でいちばんの美女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
チャールズ ブコウスキー
貴男が私を愛しているって証拠が欲しくて、私は私を傷つける。
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links