<< セカンドシューズ | main | 菌血症の季節? >>

シュタイナー教育

 内容のまとめ。
-------------------
 人間は肉体・エーテル体(生命体)・アストラル体(感覚体)・自我体という本性から成る。肉体が誕生まで母体というさやに包まれているように、エーテル体は7歳まで、アストラル体は14歳までさやに包まれた状態であるという。これをふまえて、年齢に応じた働きかけをしていくことが大切になる。

 7歳までは身体の諸器官の基本形態をつくり上げることが最重要課題となる。この時期の幼児は、模倣から学ぶ。正しい環境にあれば健全に発達してゆくし、バカげた行動しか見ることがなかったなら、将来の愚かな行為に結びつく素養ができてしまう。

 7歳までの子どもは全身が感覚器官。からだ全部で味わい、見る。受け取った感覚印象は、無意識的・内的にも流れ込む。どんな印象も、こころに感じられたものはすべて、からだにまで降りていく。こころはすべてからだに変化し、からだになる。植物の種の中に、根を張り、のちに花を開き、実を結ぶものがすべて存在しているように、歯の生え変わるまでの子どもの中に、幸と不幸、健康と病気の種が、死ぬまでの地上生活のすべての種が播かれている。

 概念による理解を学ぶ以前に、その事柄を記憶によって知っていればいるほど良い成果が挙げられる。概念による理解のためには、あらかじめ貯えられた記憶内容の中から素材を取り出すことができるようになっていることが大切なのである。

 7歳から14歳までのエーテル体成長の時期に、自分を大宇宙全体の営みの一分岐と感じられるなら、その体験が意志を統一した働きにする。永遠なる大宇宙の根拠を感じさせ、体験させてくれるもの、すなわち存在に対する畏怖の感情はエーテル体に強い印象を与え、肉体を育てるためにも大きな働きをする。
-------------------

 とても腑に落ちる言葉で、まだ片言しか話せない今も、何を見せ、聴かせ、感じ取らせるかがとても大切なのだと改めて実感。自然の摂理や美しいものに沢山触れさせてあげたい。




スポンサーサイト

  • 2017.05.12 Friday
  • -
  • 13:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
twitter
訳書


social library
BCCCS
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
SEO
無料でSEOならSEO.CUG.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ボタニカル・ライフ―植物生活
ボタニカル・ライフ―植物生活 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう
都会のベランダで、小さな緑たちのしたいようにさせる、自由放任園芸。植物たちとの日々は、静かで悦びに満ちている。
recommend
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

少女たちが神隠しに遭ったのは、少女という生きものがこちらの世界とあちらの世界のはざまをたゆたうものだからなのかも。
recommend
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
町でいちばんの美女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
チャールズ ブコウスキー
貴男が私を愛しているって証拠が欲しくて、私は私を傷つける。
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links