<< ミュージック・カルト・コントロール 9/10 | main | 素晴らしき故郷 >>

スポンサーサイト

  • 2018.03.27 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ミュージック・カルト・コントロール 10/10

おかげさまで、『ミュージック・カルト・コントロール』連載10回を終えることができました。

読んでくださった皆さま、ほんとうにありがとうございます。

レオナルド・ホロウィッツ博士による原文はこちらで公開されています:『Musical Cult Control』

『ミュージック・カルト・コントロール』は、2011年6月15日に発売された『The Book of 528: Prosperity Key of Love』という本の第4章を抜き出したものです。『ミュージック・カルト・コントロール』で取り上げた内容に加え、連続殺人犯チャールズ・マンソン、LSDの教祖ティモシー・リアリーや、映画『インセプション』への言及もあります。傷ついたDNAを修復するという528Hzの謎を、数学・物理学・数秘術的アプローチで解き明かす、興味深い内容となっています。

邦訳は徳間書店より刊行予定です(年末くらい?)。詳細は、決まり次第ご案内させていただきます。
→邦訳刊行されました!上のリンクの『ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz 人間をコントロールする「国際標準音」に隠された謀略』です!


まとめ・解決策・結論
 今日の世界危機や文化的洗脳、行動修正は、強制の科学、楽器のチューニングの歴史、そしてメディアと深いつながりがある。
 
 ロックフェラー財団の文献には、軍事/医学/石油化学/製薬カルテルが、戦争や大衆洗脳、群衆コントロールに有効な振動周波数を生み出す音やテクノロジーを求めて音響科学に注目し、財団がこれに関与したことがはっきりと記されている。

 ドワイト・アイゼンハワー大統領(1953-1961)は、この「獣」に抗議した。グローバリスト(訳注:少数の支配層で世界を管理しようという主義を持つ)による「経済的、政治的、さらには精神的」自由への脅威が増大している、と警告したのである。(34)
 
 
 人々は今や、羊のように従順に精神的/感情的なくびきに繋がれ、大企業がテレビやラジオで宣伝する商品の中毒にされている。現代社会は奴隷化されたも同然で、ジェノサイドや核による掃討作戦を後押しするメディアの計略をただ受け容れている。
 
 要するに、この投資銀行の世界に根差す「軍事産業複合体」は、人々をコントロールする秘密工作を、派手に儲けながら進めたのである。
 
 音楽は生体エネルギー的に、生体化学反応、精神神経免疫学、そして健康に影響をおよぼす。(35) あなたの身体は、愛やポジティブな感情と不協和音をなす周波数を組織的に強制され、音楽的/音声的に、そして意識下でも振動させられている。
 
 ロックフェラー財団のアーカイブを調べてみれば、平均律 A=440Hzに投資した面々は、地球上でもっとも信用ならない団体だということは明らかだ。そうした者らが、支配下のネットワークと連動する「隠密作戦」に、米国海軍を関与させたのだ。
 
 これらの事実から、1930年代、心理社会的病、群集行動、精神的苦痛や集団ヒステリーを誘発するため軍が進めた音響周波数研究と技術開発は成功し、今やわれら人民に対して実践されていると考えられる。
 
 また、健康・心理社会的調和、そして世界平和に有益な音楽の周波数は、抑圧されてきた。
 
 これらの事から、もっとも合理的かつ単純明快で強力な治療法は、自然に心地よく感じられる音楽の周波数のなかにあることがわかる。A=444Hzにチューニングした楽器や声は、A=440Hzよりずっと心地よい響きを持ち、直観的・運動感覚的に刺激的で、こころがリフレッシュされ、遺伝子を修復し、間違いなく純粋な愛と共鳴している。
 
 メディアというものは、非常にネガティブにコントロールされていて、受け手の行動を操作しようとするものだ。われら人民を解放するため、主要ネットワークに対するオルタナティブメディアが今こそ必要とされている。これは、合衆国憲法および権利章典の本来の意図であったのだが、ロックフェラー/ロスチャイルドの実業家らによって、事実上消え去ってしまった。(訳注:「われら人民」(We The People)とは、合衆国憲法前文の出だしの言葉。)

 多くの音楽家や数学者、医者、物理学者、さらには遺伝学者までもが、自然界のあらゆるもの、あるいは電磁エネルギーマトリクスの中心から、はっきりと愛を発信する搬送波である528Hzの真実に光が当たりはじめたことを祝福している。(7, 22) いまや客観的な研究者のほとんどが、これらの新事実を私たちのスピリチュアルなルーツを音楽の中に再発見する機会として見ている。精神性の復興が加速化し、地政学/経済界の選ばれざる支配者たちが世界に押しつけた問題を解決するには最高のタイミングだ。これを逃せば永遠に解決不能となってしまうだろう。誰もがこれらの事実について議論し、ひそやかな音楽の軍事化を拒絶し、楽器や声をもっとも滋味と癒しに満ちた周波数にチューニングしなおすことが求められている。 この革命を推し進めるため、あらゆるジャンルの音楽をA=440HzからA=444Hz (C=528Hz)に変換する、寄付により運営されるサービスが最近スタートした。(i528Tunes.com参照)

 人類にとって音楽とは肉体的な救いであり、神との絆である。地球の再生と調和を経てのスピリチュアルな音楽の入り口は、あなたのビジョンと行動を待っている。問題を解決して先へ進むか、そのまま囚われの身となるかは、あなたにゆだねられているのだ。



参考文献:
7)Horowitz LG. Walk on Water. Sandpoint, ID: Tetrahedron Press, 2005.
8) Tobias J. Composing for the Media: Hanns Eisler and Rockefeller
Foundation Projects in Film Music, Radio Listening, and Theatrical Sound
Design. Rockefeller Archive Center Research Reports Online, 2009.
9) Jubilee, 2012. The House of Rothschild. June 21, 2008. See: http://
jubilee2012.50webs.com/the_house_of_rothschild.htm
10)Horowitz LG. Death in the Air: Globalism, Terrorism & Toxic Warfare. Tetrahedron Press, (June) 2001.
11)Schauf TD. The Federal Reserve Is A PRIVATELY OWNED Corporation. 
(See: http://proliberty.com/observer/20090404.htm)
12) Institute for Advanced Study. Albert Einstein. 
(See: http://www.ias.edu/people/einstein)
13) Institute for Advanced Study. Mission and History. 
(See: http://www.ias.edu/about/mission-and-history)
14) Horowitz LG. The American Red Double-Cross. Idaho Observer, October, 2001.
15) Hilmes M. Creating links between British and American broadcasters in the 1930s. Rockefeller Archive Center Research Reports Online, 2009.
16) Elvis Presley Pictures. Elvis Presley Vancouver, Canada. Empire Stadium, August 31, 1957.
17) Wikipedia. Colonel Tom Parker.
18) Wikipedia. RCA
19) Robertson P. The New World Order. Nashville, TN: Thomas Nelson, Inc. 1982.
20) Cavanagh L. A brief history of the establishment of international standard pitch A=440 Hertz. (Pdf file is available for a free download. See reference here: http://en.Wikipedia.org/wiki/Concert_pitch.
Cavanagh cites Lloyd’s paper as: Llewelyn S. Lloyd, “International
Standard Musical Pitch,” Journal of the Royal Society of Arts 98 (16 Dec., 1949), 80-81.
21) Collins BT. The Importance of 432hz Music. 
See: http://www.omega432.com/music.html22) Horowitz LG. LOVE528.com website and the online journal Hydrosonics, provides much information on the 528Hz frequency.
23) Koehler D. Pianos, Violin, and New Concert “A.” Concert for the Living Water, LIVE H2O, Official Forum. Discussion on A=444 (528),
Jan. 25, 2010; 
See also:http://web.me.com/len15/MUSICAL_CULT_CONTROL/Leonard_G._Horowitz.html
24) Koehler D. Personal communication, May, 2010.
Scientific American (March 1965, p. 28) reference to genetic repair using
natural frequencies.
26) Peterkin T. Israel banned The Beatles fearing ‘hysteria.’ Telegraph.
co.uk. Sept. 22, 2008
27) Horowitz LG. LOVE the Real da Vinci CODE. Sandpoint, ID:
Tetrahedron Publishing Group, 2007.
28) Horowitz LG and Pulio J. Healing Codes for the Biological
Apocalypse. Sandpoint, ID: Tetrahedron Publishing Group, 1998.
29) Horowitz LG. Emerging Viruses AIDS & Ebola--Nature, Accident or
Intentional? Rockport, MA: Tetrahedron Publishing Group, 1998.
30) The National Cyclopedia of American Biography. John Calhoun
Deagan. Volume 43, pp. 391-392.
 (See: http://thescreamonline.com/photo/photo10-01/garygoss/deaganbio.html).
31) Gates B. TED Conference lecture: Reducing global warming by
reducing populations via vaccines and more. February, 2010. ( See:
http://www.youtube.com/watch?v=-0gvDkVcFkI)
32) United Nations. Population challenges and Development Goals. New
York: UN Dept. of Economic and Social Affairs, Population Division (ST/
ESA/SERA/248), 2005.
33) Eisler, Hanns, Gespräch mit Hans Bunge: Fragen Sie mehr über
Brecht. Munich: Rogner and Bernhard, 1976, p. 157.


(翻訳:渡辺亜矢 Japanese translation by Aya Watanabe) 


スポンサーサイト

  • 2018.03.27 Tuesday
  • -
  • 16:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
Hibikiさん
はじめまして、本を読んでくださってありがとうございます。
528Hzの音楽祭とは素晴らしいですね!
機会がありましたらぜひお話しさせていただきたいです。
  • ぷみ
  • 2012/06/05 10:07 PM
はじめまして☆
ラタ+パラディッソの原田さんから、528Hzのお話伺い、ホロウィッツ博士の本も読ませていただきました。今までのクラシック音楽やオペラ公演など、様々のことが理解できて、とてもうれしいです!
今週末は、すべての楽器をA=444Hzに調律し、音楽祭を催します。
もちろん、私のピアノたちもすべて、この調律にさせていただいてます♪
今まで聞こえなかった音がのびやかにひろがり、みなさんも、上達がまたさらに目覚ましく、ピアノの前から離れたくない!という声を多々耳にしております。
ご縁ありましたら、札幌に月の半分ほどはおりますで、原田さんともご一緒にお会いできる機会が得られますことを希望いたします。
まつもとアイコ(Hibiki。)
solarさん
本を買ってくださったのですね、ありがとうございます!

キイのメディア三部作は面白いですよね。ずっと前に読んだのですが、そういう分野への関心から今回の翻訳に導かれたのかもしれません。

私は音楽が大好きなので、それを操作の道具に使われていたということがとてもショックでした。音楽関係の方にはぜひこの本を読んでいただいて、そうした動きを変えていって欲しいと思います。
  • ぷみ
  • 2012/05/05 12:27 PM
始めましてsolarです。
早速本をAmazonにて購入しました。

以前、ブライアン・キイのメディアレイプを愛読していて音楽にも、似たような出来事があったのを始めて知りました。
私もずっと音楽に関わってきたのですが、関係者ほど、気づかない話しかもしれないです。単に私の洞察力がなかったのかな。
届き次第、じっくり読ませていただきます。
ありがとうございます。
  • Solar
  • 2012/05/05 12:19 PM
デフォルト設定の件、私は作曲環境がないので確認できませんがどうなのでしょうね?
  • ぷみ
  • 2012/02/22 2:58 PM
>コンピュータのデフォルト設定では440hzか441hzしか選べない設定になっています…。

Windowsだけでは?Appleは違いますよ。本当にその様な事を信じる人がいるので辞めてください。
  • デフォルト設定
  • 2012/02/22 4:51 AM
annoさん
お読みいただきありがとうございます。
デフォルト設定にも陰謀が??
本のほうでは、KORGのオアシスというシンセサイザーに528Hzなどのソルフェジオ周波数を設定する実験についても触れています。
何かいい方法があるといいですね。
  • ぷみ
  • 2011/11/16 8:49 AM
こんにちわ。
大変おもしろい内容でした。
翻訳してくださりありがとうございます!

私も職業「作曲家」の人間です。
444hzないし528hzでのチューニング、ぜひ試してみたいのですが、現代音楽はコンピュータとシンセサイザー抜きには成り立たない現状があり、そのコンピュータのデフォルト設定では440hzか441hzしか選べない設定になっています…。

リサーチする良い機会になりました。

来るべきNWOとの戦いに有益かもしれません。
  • anno
  • 2011/11/15 11:01 PM
るねさん
お読みいただきありがとうございます。
音楽を作る方にこうした事について考えていただけると、とてもうれしいです。
本のほうもがんばりますね!
  • ぷみ
  • 2011/07/29 12:47 PM
重要な情報を翻訳してくださりありがとうございました。また公開していただいたことに感謝します。一気に読み、また何度か読みなおしています。私は音楽を生業としている者ですが、昔から陰謀論や歴史の真実を知りたいと情報に目を向けています。しかしこんな作戦があったとは・・・。知った上でどう生きるかはそれぞれですが、もちろんこれから私は444HZのチューニングで歌おうと思います。もっと深く知りたいので、翻訳された本が出版されることを心待ちにしています。ああ、英語が苦手なのはつらい・・・。早く読みたいです。ぷみさんが翻訳されるのですか?よろしくおねがいします。





  • るね
  • 2011/07/29 10:59 AM
こちらこそ、おつきあいいただきありがとうございます。

引っ越し好きとはうらやましい性格ですね。
整理/分類が苦手なのでなかなか片付きません。。

彼の下着はいったい何枚あるのかと思うほどありました!すっかり片付けましたが。

札幌は涼しいですよー。
  • ぷみ
  • 2011/07/06 7:18 PM
『ミュージック・カルト・コントロール』連載お疲れ様でした。
公開ありがとうございました。

それから引越しも無事終えられたのね〜!
私、実は引越し大好きなの。片付くから。(笑)
洗濯頑張って。

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
twitter
訳書


social library
BCCCS
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
SEO
無料でSEOならSEO.CUG.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ボタニカル・ライフ―植物生活
ボタニカル・ライフ―植物生活 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう
都会のベランダで、小さな緑たちのしたいようにさせる、自由放任園芸。植物たちとの日々は、静かで悦びに満ちている。
recommend
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

少女たちが神隠しに遭ったのは、少女という生きものがこちらの世界とあちらの世界のはざまをたゆたうものだからなのかも。
recommend
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
町でいちばんの美女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
チャールズ ブコウスキー
貴男が私を愛しているって証拠が欲しくて、私は私を傷つける。
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links