<< ミュージック・カルト・コントロール 8/10 | main | ミュージック・カルト・コントロール 10/10 >>

スポンサーサイト

  • 2018.03.27 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ミュージック・カルト・コントロール 9/10

前回、今回あたりがこの文の佳境かと思います。

スポーツもセックスもスクリーンも、それぞれは素晴らしいものだけど、これら3Sを与えられ、漫然と浸かっているだけの人間は簡単に支配できてしまう。


軍事音楽カルト
 トバイアスによれば、戦時経済は音楽研究に巨額を投資、相反する軍事と「非営利」との利害関係に関し、日和見主義者の背中を押した。1941年9月、ブリスメイヤーは国防研究会議の音響部門であった海軍の小委員会から、5万ドルの予算でもう1年間好きなようにプロジェクトを続けてほしい、と要請を受けた。(8)

 1942年1月、ブリスメイヤーはジョン・マーシャルに宛てた手紙に、軍での彼の音響研究は戦後、娯楽業界に流用されるだろうという自身の考えを記している。ほどなく、カリフォルニアの防衛業者が映画館でエレベーター・ミュージックのようなBGMを流すための「有線音楽」設備を考案した。(8)
 トバイアスは詳細を次のように記している。「音楽的・身体的同期をつくり出すサウンド・コントロールの力」により、人々の身体は生体エネルギー的に、音楽の周波数や電子的なサウンド・エフェクトに同調する。これらは人々の感情に影響をおよぼし、特定の制御可能な行動を誘発する。「さまざまな環境」や「戦時経済」においてこの作用が見られるであろう。(8)
 ブリスメイヤーは「海軍に徴用され」、R.L.カーディネルと『Guide to Industrial Sound』を共著し、軍需生産委員会から出版した。(73 200R, RG 1.1, Series 200, Box282, Folder 3353)(8)
 

 「サウンド・コントロール」は、トバイアスによれば「ロックフェラー財団では、文化・工業そして軍事産業を一般的に指し示すシニフィエとして有効であった……」
 トバイアスの報告に登場する伝説的な学者たちは、音楽の軍事化がおよぼす長期的な影響を、「『商売」と『研究』の間の対立と同様……非営利・教育・産業・軍事的組織ネットワークの設立という、財団のゴール」と考えていた。(8)
 「これが核心だ……教育・芸術・労働・消費、そして軍事といったすべての環境におけるリスニングの一般化……『文化産業』は、幅広い意識のコントロールを正当化する商業的な武器だった。」(8)
 1500年代、シェイクスピアの演劇は、新世界の言語である英語を広めるために極めて重要であった。20世紀のマスメディアによる音楽を使った意識/文化の操作は、イルミナティの手口であることがここに明らかになった。

 1949年5月16日、ロックフェラー財団のチャールズ・B・ファーズは、ニュージャージー州ニューアークのペン駅で電車を待っていたブリスメイヤーのもとに駆けてきて、フィラデルフィアまで同乗した。ブリスメイヤーは海軍将校の制服姿で、軍の研究のためワシントンへ向かっていた。「行動決定因子としての人間の感情コントロールの問題」についての調査だった。(8)
 「ブリスメイヤーは指摘した……我々は人間の感情のコントロールが技術的に可能な時代に突入し、これがドイツのナチズムを躍進へと導いた。『我が闘争』やゲッべルスの仕事にも、それがはっきりと現れている。ブリスメイヤーによれば、戦時に行った取り組みでは、対象人口の2〜8%の感情をコントロールし、行動を決定する十分な精度が見られた……全体の2〜8%とは少ない数字だが、決め手となるには十分なはずだ。こうした技術の可能性を無視し、政治への影響はなくなってしまうだろうという不穏なヴィジョンを望んでも意味がない。それより問題は、原子爆弾の時のように、全体主義に利用される前に、技術を習得し民主的目的に活用することだ。これが、自分の仕事は米国において重要かつ緊急であるというブリスメイヤーの信念の背景だ。(8)
 イルミナティの悪魔の計略、それは、若者の2〜8%がドラッグで「ターン・オン」(訳注:陶酔)して、A=440Hzとメディアの破滅的なメッセージに「チューン・イン」(訳注:波長を合わせる)し、愛や利他主義・正しい判断から「ドロップ・アウト」(訳注:脱落)して、自らの意思で残忍なカルトに加わるというものである。逃げ場のない「社会的実験」によってこころを壊された逸脱者(ドロップ・アウト)たちが文化的荒廃を進め、世界の現状―イルミナティにとって有益な人口減少―を招いている。
 ハンス・アイスラーは、米国から追放されて東ドイツの知識人層に加わった。1958年に発表したインタビューは注目すべきものである。西ドイツの影響から東ドイツの若者を守るべきと主張し、「若者が『ブギウギ』や、アメリカン・スタイルのジーンズなどの『ばかげた』ファッションといった、まやかしの恍惚に溺れている」政治と若者、差し迫った止めることのできない社会の変化に関しては、こうコメントしている。「アメリカの文化産業は、全世界に対してとてつもない影響力を持っている。」(8,33)


参考文献:
8) Tobias J. Composing for the Media: Hanns Eisler and Rockefeller
Foundation Projects in Film Music, Radio Listening, and Theatrical Sound
Design. Rockefeller Archive Center Research Reports Online, 2009.
9) Jubilee, 2012. The House of Rothschild. June 21, 2008. See: http://
jubilee2012.50webs.com/the_house_of_rothschild.htm
10)Horowitz LG. Death in the Air: Globalism, Terrorism & Toxic Warfare. Tetrahedron Press, (June) 2001.
11)Schauf TD. The Federal Reserve Is A PRIVATELY OWNED Corporation.
(See: http://proliberty.com/observer/20090404.htm)
12) Institute for Advanced Study. Albert Einstein.
(See: http://www.ias.edu/people/einstein)
13) Institute for Advanced Study. Mission and History.
(See: http://www.ias.edu/about/mission-and-history)
14) Horowitz LG. The American Red Double-Cross. Idaho Observer, October, 2001.
15) Hilmes M. Creating links between British and American broadcasters in the 1930s. Rockefeller Archive Center Research Reports Online, 2009.
16) Elvis Presley Pictures. Elvis Presley Vancouver, Canada. Empire Stadium, August 31, 1957.
17) Wikipedia. Colonel Tom Parker.
18) Wikipedia. RCA
19) Robertson P. The New World Order. Nashville, TN: Thomas Nelson, Inc. 1982.
20) Cavanagh L. A brief history of the establishment of international standard pitch A=440 Hertz. (Pdf file is available for a free download. See reference here: http://en.Wikipedia.org/wiki/Concert_pitch.
Cavanagh cites Lloyd’s paper as: Llewelyn S. Lloyd, “International
Standard Musical Pitch,” Journal of the Royal Society of Arts 98 (16 Dec., 1949), 80-81.
21) Collins BT. The Importance of 432hz Music.
See: http://www.omega432.com/music.html22) Horowitz LG. LOVE528.com website and the online journal Hydrosonics, provides much information on the 528Hz frequency.
23) Koehler D. Pianos, Violin, and New Concert “A.” Concert for the Living Water, LIVE H2O, Official Forum. Discussion on A=444 (528),
Jan. 25, 2010;
See also: http://web.me.com/len15/MUSICAL_CULT_CONTROL/Leonard_G._Horowitz.html
24) Koehler D. Personal communication, May, 2010.
Scientific American (March 1965, p. 28) reference to genetic repair using
natural frequencies.
26) Peterkin T. Israel banned The Beatles fearing ‘hysteria.’ Telegraph.
co.uk. Sept. 22, 2008
27) Horowitz LG. LOVE the Real da Vinci CODE. Sandpoint, ID:
Tetrahedron Publishing Group, 2007.
28) Horowitz LG and Pulio J. Healing Codes for the Biological
Apocalypse. Sandpoint, ID: Tetrahedron Publishing Group, 1998.
29) Horowitz LG. Emerging Viruses AIDS & Ebola--Nature, Accident or
Intentional? Rockport, MA: Tetrahedron Publishing Group, 1998.
30) The National Cyclopedia of American Biography. John Calhoun
Deagan. Volume 43, pp. 391-392.
 (See: http://thescreamonline.com/photo/photo10-01/garygoss/deaganbio.html).
31) Gates B. TED Conference lecture: Reducing global warming by
reducing populations via vaccines and more. February, 2010. ( See:
http://www.youtube.com/watch?v=-0gvDkVcFkI)
32) United Nations. Population challenges and Development Goals. New
York: UN Dept. of Economic and Social Affairs, Population Division (ST/
ESA/SERA/248), 2005.
33) Eisler, Hanns, Gespräch mit Hans Bunge: Fragen Sie mehr über
Brecht. Munich: Rogner and Bernhard, 1976, p. 157.

(翻訳:渡辺亜矢 Japanese translation by Aya Watanabe)


スポンサーサイト

  • 2018.03.27 Tuesday
  • -
  • 13:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
息子さんがいい音楽を奏でる一助になれたら幸いです。

酒粕すっかりはまっちゃいました。
これからは生活の一部になると思います。
  • ぷみ
  • 2011/06/30 9:30 AM
このシリーズは音楽をやる息子にとって、重要な情報だわ。
いつもありがとう〜♪

酒粕も気に入っていただけたようで嬉し〜^^
ホント、カルボナーラでしょ!?
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
twitter
訳書


social library
BCCCS
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
SEO
無料でSEOならSEO.CUG.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ボタニカル・ライフ―植物生活
ボタニカル・ライフ―植物生活 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう
都会のベランダで、小さな緑たちのしたいようにさせる、自由放任園芸。植物たちとの日々は、静かで悦びに満ちている。
recommend
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

少女たちが神隠しに遭ったのは、少女という生きものがこちらの世界とあちらの世界のはざまをたゆたうものだからなのかも。
recommend
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
町でいちばんの美女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
チャールズ ブコウスキー
貴男が私を愛しているって証拠が欲しくて、私は私を傷つける。
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links