<< Complicated | main | モンスターvsエイリアン >>

スポンサーサイト

  • 2018.03.27 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


None of your business

仕事で、イルカ漁反対!というテキストを訳した。

個人的にはイルカを可愛いと思うし、食べたいとは思わないし、でもだからといって、漁に反対する気もない。

イルカを食べるという習慣を持つ人たちにとっては、それは生きる営みの一環であり、「可哀想だから」というふざけた理由で禁じられるべきではない。

たとえばキツネ狩りの方が、「快楽殺戮」であってよほど残酷だとおもうけれど、これに対する愛護団体の反対運動は、食用たる捕鯨(イルカ含む)に対するそれに比べるとはるかに数少なく、目立たない。

わたしはどっちかというと動物好きな方だと思うし、猫虐待のニュースを読んで涙したりもするけれど、西洋諸国にありがちな「イルカやクジラは知的な生き物だから食べてはならない」という主張にはまったく同意できない。

「頭がいい」とか「可愛い」とかいう理由で生命の重さに差別をつけている自らの傲慢さに、彼らは気づいているのだろうか?

菜食もいいけど、植物にだって生命はあり、四つ足を殺してないからといって殺生と無縁なわけではないって自覚はあるのだろうか?

わたしは、菜食気味だけどお肉も食べるし、猫は可愛がるけど、Gを殺すことには何のためらいもない。


自分のなかにある、生きるために他の命を奪う残酷さ(自然あるがままともいうけどね)と、愛らしいと思う種を守り、邪魔だと思う種を排除する身勝手さへの自覚は忘れちゃいけないとおもっている。

お仕事、お仕事……と言い聞かせながら、自らのスタンスと真逆な文を仕上げたのでした。


テキサス親父の言うことすべてに賛同するわけではないが


スポンサーサイト

  • 2018.03.27 Tuesday
  • -
  • 14:59
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
twitter
訳書


social library
BCCCS
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
SEO
無料でSEOならSEO.CUG.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ボタニカル・ライフ―植物生活
ボタニカル・ライフ―植物生活 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう
都会のベランダで、小さな緑たちのしたいようにさせる、自由放任園芸。植物たちとの日々は、静かで悦びに満ちている。
recommend
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

少女たちが神隠しに遭ったのは、少女という生きものがこちらの世界とあちらの世界のはざまをたゆたうものだからなのかも。
recommend
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
町でいちばんの美女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
チャールズ ブコウスキー
貴男が私を愛しているって証拠が欲しくて、私は私を傷つける。
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links