スポンサーサイト

  • 2017.08.23 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


モンサントが食の安全を守る?

 久しぶりの翻訳記事は、ちょっと古いですがモンサントとFDAの癒着に関するもの。


モンサントが食の安全を守る?

Why are Monsanto Insiders Now Appointed to Protect Your Food Safety?

マーコラ博士
By Dr. Mercola

2009年10月10日

 私はいま、国際ワクチン会議のためワシントンDCに来ている。12時間におよぶ素晴らしい首都ツアーを終えたばかりだが、これについては後ほどFacebookに写真とともに投稿しようと思う。というわけで、政治や愛国心がいま私のなかでタイムリーなのである。

 オバマ大統領が就任したとき、多くの米国人は、経済のみならず食品業界や医療制度にも「チェンジ」の時代が来るであろうと期待した。

 タイム誌が、今日の米国農業政策を非常にうまく表現している。「燃料・水・農薬を大量に使い、温室化ガスを放出し、肥満のもととなる作物を生産し、不法入国者を使って地方を過疎化させる、大規模農家を保護する政策」

 最近の政府説明責任局(GAO)の発表によると、2003年から2006年の間、富農は4900万ドルもの作物助成金を受け取っている。支給基準ラインである、250万ドルを超える収入がある者もだ。2008年末の演説でオバマ氏は、就任次第こうした典型的な無駄を切り捨てるつもりだと述べた。

 一方、米国の医療は世界一高額だ。米国は、他の先進国と比べて1人当たり2倍以上の額を医療費に費やしている。それにも関わらず、必要な時に効果的な医療を施して避けられる死を防ぐということに関しては、先進国で最低水準にある。

 システムに致命的な欠陥があり、抜本的な見直しが必要であることは明らかだ。

 実際、ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(訳注:マサチューセッツ内科外科学会発行の医学雑誌。世界で最も長い歴史を誇り、最も広く読まれ/引用され/影響を与えている一般的な医学系定期刊行物と言われる)の2008年の報告では、米国人の90%が自国の医療システムを「徹底的に組み立てなおす」べき、または「根本的な変化」が必要と考えている。

 そして多くの人が、オバマ政権によるこうした根本的な改革の実現を待ち望んでいる。少なくとも表面上は進行中に見える変化を。

 しかし、医療改革がようやく審議のテーブルに載せられ、ホワイトハウスの芝生に初の有機菜園が設けられる一方(訳注:オバマ大統領のミシェル夫人が、ホワイトハウスの敷地内の家庭菜園に野菜を植えた)、ぞっとするほどの数のキツネが、米国の医食産業という鶏小屋の番を命じられている……化学メーカーから巨大農企業へと転じ、一粒の種からゆっくりと世界中の人々を支配下に置きつつある、モンサントと深いつながりを持つキツネたちだ。


続きを読む >>

アスパルテームはダイエッターの敵だった?

 翻訳記事の第7回めは、第6回めのネオテームについての記事内で参照リンクとなっていた、アスパルテームについての過去記事です。

 前回とかぶる内容もありますが、アスパルテームの危険性について、さらに掘り下げた内容になっています。セロトニンの生成阻害にもつながるらしいよ。。


アスパルテームはダイエッターの敵だった?

Why This Toxic Sweetner is FAR Worse than High Fructose Syrup...

マーコラ博士
by Dr. Mercola

2010年9月15日

 
アスパルテームの重要情報!

インタビューのスクリプトはこちら

マーコラ博士のビデオ一覧はこちら

 人工甘味料アスパルテームがFDA(米食品医薬品局)に承認されてから20年ほどになるが、その安全性について、または安全性不足についての論争は尽きることがない。今日、アスパルテームは糖尿病患者向けやダイエット用以外の食品も含め、6000以上の製品に使用されている。

 あなたはこの神経毒性甘味料を過剰摂取していないだろうか?

ソース:
Sweet Misery Video Transcript (PDF)
Aspartame Studies
Free Sample Chapter from Sweet Deception

マーコラ博士のコメント:
 コリー・ブラケットによるドキュメンタリー『Sweet Misery』のハイライトを含む冒頭のビデオには、アスパルテームの問題がよくまとまっている。ビデオクリップに興味を持っていただけたなら、完全版が収録されたDVDもお求めいただける。私は、『Sweet Misery』はアスパルテームに関するもっとも優れたドキュメンタリーのひとつだと考える。

 この記事では、前の記事に続き、アスパルテームが、早産リスクの上昇、発ガンの可能性、体重増加と関連があることなど、最近になってわかったことを述べる。砂糖の代わりにアスパルテームにする主な目的の一つはダイエット効果であるが、皮肉にも反対に体重を増やす「副作用」があるというのだ。

 
続きを読む >>

アスパルテームの30〜60倍も甘いネオテームの正体

 翻訳記事の第6回めは、人工甘味料について。

 個人的に、食べものは心をこめて小規模な体制で作られたものを選びたい、と考えています。規模が大きくなると、効率優先で文字通り「モノのような」扱いになりがちです。作る人、食べる人、いただく命(動物だけではなく植物にも。)へのリスペクトがひとつでも欠けると、おかしなことになると感じます。
 

アスパルテームの30〜60倍も甘いネオテームの正体

The Newest Dangerous Sweetner to Hit Your Food Shelves...

マーコラ博士
By Dr. Mercola

2011年2月8日

 2002年以降、ネオテームと呼ばれる人工甘味料の食品・飲料への使用が世界各国で承認されてきたが、今のところそれほど普及していない。(訳注:日本では、2007年12月28日に食品添加物として正式に認可された。申請者は、大日本住友製薬および米・ニュートラスイート。商品名ミラスィー。参照:ウィキペディア

 ネオテームはアスパルテームの誘導体(派生物)で、製造に使用される化学物質から推測するにアスパルテームより毒性が強いが、ネオテーム擁護者は、甘味が強いため使用量が少ないので問題ないとしている。

 ネオテームは、モンサント社がもたらした邪悪な科学だ。

 もしモンサントがネオテームやアスパルテームに何の懸念も抱いていなかったなら、厳正かつ独立した試験に資金を提供していただろう。これまでのところそれは実現していないし、今後もないだろう。なぜなら、モンサントと無縁の団体が独自に行ったアスパルテーム分析のほぼすべてが、多くの不穏な副作用、主に神経系への作用があることを明らかにしているからだ。

 また、モンサントはニュートラスイート社(訳注:甘味料製造会社)を売却したが、ネオテームはモンサント傘下時代に承認されており、これはモンサントとFDA(食品医薬品局)の癒着によるものであろうと思われる。この件についてはまた後述する。

 私のネオテームに関してのアドバイスは、アスパルテームと同じく、「健康に気を使うなら避けた方が良い」だ。

続きを読む >>

未来の台所:3Dプリンタで食べ物も瞬時に出力できる?

 翻訳記事第5回めは、3D出力マシンについて。食べものを含むさまざまな3次元の物体の構造を設計図化することにより、「出力」できるというもの。出始めはいろいろと不具合が多そうな予感がするけど、こなれてくれば便利に使えるかも? 個人的には、食べものは出力したくないけど。


未来の台所:3Dプリンタで食べ物も瞬時に出力できる?

What's in your future kitchen? Food fabrication technology prints out your meals in seconds

マイク・アダムス(ヘルスレンジャー)

by Mike Adams

2011年1月26日

 そう遠くない将来、店で食品を買うかわりに、自宅のキッチンで「出力」できるようになるかもしれない。この技術は「フード・ファブリケーション」(訳注:fabricationは「製造」の意) と呼ばれ、インクジェットプリンタが1色ずつインクを紙のうえに重ねていくやり方を応用している。

 この新興テクノロジーは、食品の未来に非常に大きなインパクトを与えるだろう。実際、いくつかはすでに実現しているのだ。おそらくもっとも知られているのは、ジェフリー・イアン・リプトン博士率いるコーネル大学コンピュータ総合研究室(CCSL)のプロジェクトだろう。このプロジェクトは、近代的なキッチンに不可欠なものとなる、家庭用フード・ファブリケーション機器の開発を最終目標としている。こうしたマシンがあれば、たとえばブルーベリーマフィンを買いに店へ走ることなく、3Dの「設計図」をダウンロードし、マフィンを「出力」する(そしてオーブンで焼く)だけでよくなるのだ。

素晴らしい技術だが落とし穴も
 説明を聞くと素晴らしいのだが、実際できるものはというと、チョコレートシロップ、クッキー生地、トマトペーストなどの均質化された半液状の原料から作りだせるもののみとなる。無から生み出せるわけではなく、さまざまな原料が入った「カートリッジ」をマシンに装填する必要がある。フード・ファブ・マシンにできるのは、それらの原料を正しい比率・形・層構造で「出力」することだけだ。野菜を切ったり、生の食材を調理して料理にすることはできない。濃厚なトマトペースト、ほうれん草ペースト、アマニ/ナッツバターペーストなどの生の原料カートリッジを装填して、おいしい「ロー・ラザニア」(生ラザニア)を作ることならできるだろう。
続きを読む >>

非遺伝子組み換え製品ショッピングガイド

 翻訳記事第4回めは、非遺伝子組み換え製品ショッピングガイド。為清勝彦さんが反GMO運動の第一人者ジェフリー・スミス氏の了解を得てくださったので掲載します。

 アメリカで遺伝子組み換えでない製品を扱うメーカーのリストですが、解説の部分は日本でも役に立つと思います。

 遺伝子組み換え食品のあまりの多さに、「完全に避けるなんて無理」と思うかも知れませんが、たとえばいくつかのもので迷った時、よりましな方を選ぶとかでもいいのではないでしょうか。

 
 以下は為清氏のコメントです。


 米国で反GMO運動をしているジェフリー・スミス氏のInstitute for Responsible Technologyが発行している「非遺伝子組み換え製品ショッピングガイド」の日本語訳です。 アメリカの食品行政・食糧事情が前提になっていますので、日本では異なる部分もあることはご理解ください。 

 ここに記載されているメーカーは安全という意味です。


 このリストを見ると、次のようなことがわかると思います。


・調味料、油、糖など基本食材に遺伝子組み換えが浸透しており、加工食品はもちろん、家庭の手作り料理にも浸透している。 

・肉食から菜食主義になった人には、遺伝子組み換え大豆が待ち構えている。 

・安全な食生活を追求すると、自分で食材を把握できるもの(穀物・野菜・果物 中心)に絞られていく。 


  食生活の改善のため、参考にしていただければ幸いです。



非遺伝子組み換え製品ショッピングガイド
 この非遺伝子組み換え製品ショッピングガイドは、みなさんが購入する食品について知る権利を取り戻すため、また遺伝子組み換え食品・原料を見わけ、避ける一助となるよう作成されました。アレルゲン、着色料、添加物といった有害物質に関しては勘案しておりませんのでご注意ください。

遺伝子組み換え作物(GMO)を使用しているメーカーを避けるには
 食品の遺伝子操作(Genetic Engineering)や遺伝子組み換え(Genetic Modification)は、食用作物や動物のDNAに人工的に遺伝子を組み入れる実験室プロセスを利用したものです。これによって作られたものが、遺伝子組み換え作物(GMO)と呼ばれています。GMOには、バクテリア、ウイルス、昆虫、動物、さらには人間の遺伝子も利用されます。ほとんどの米国人は「遺伝子組み換えと表示されているものは食べない」と言いますが、他の先進国と異なり、米国では表示の義務がありません。

GMOを避けるための4つのポイント
1.オーガニックのものを買う
 オーガニック(有機)認証を受けた製品には、GMO原料を意図的に使用することができません。

2.NON-GMO Project認証マーク付き製品を探す
 このガイドでは、NON-GMO Projectに登録されたメーカーをご紹介します。NON-GMO Projectは、独自の検証により、明確な表示をした非遺伝子組み換え製品を消費者に提供することを目的とする非営利団体です。また、遺伝子組み換え懸念のある原料のテストも行っています。NON-GMO Projectの第三者製品認証プログラムについて、詳しくはNON-GMO Projectのサイトをご確認ください。「rBGH、rBST不使用」(訳注:いずれも牛の遺伝子組み換え型成長ホルモン)や「人工ホルモン不使用」の表示がある乳製品を探しましょう。

3.遺伝子組み換え懸念のある原料を避ける
 オーガニックやNON-GMOの表示がない場合は、GMO由来の可能性がある原料を使用した製品を避けましょう。八大遺伝子組み換え食用作物は、トウモロコシ、大豆、キャノーラ(菜種)、綿実、てん菜、ハワイ産パパイヤ(ほぼすべて)、および一部のズッキーニやイエロースクワッシュ(訳注:ズッキーニに似た野菜)です。
砂糖:北米で生産された非オーガニック製品で「砂糖」(純粋なサトウキビ糖でないもの)を含むものは、サトウキビ由来と遺伝子組み換えてん菜由来の砂糖が混合されていることがほとんどです。
乳製品:遺伝子組み換えウシ成長ホルモンを注射された牛に由来する可能性があります。オーガニックやNON-GMOの表示がない場合は、rBGH、rBST、人工ホルモン不使用の表示を探しましょう。

4.このガイドに掲載されている製品を買う
 NON-GMOショッピングガイドのサイトから非遺伝子組み換え製品リスト完全版をダウンロードできます。またiPhone向けに、ShopNoGMOアプリをiTunesストアで無料配布しています。


続きを読む >>

鳥の大量死と地球の磁極移動(ポールシフト)、シアン化水素、HAARPの謎

 翻訳記事第3回めは、世界各国で多発している鳥の大量死とポールシフトの関連について。

 こうした謎の話しを聞くと、人間は驕りすぎてはいけない、と感じます。まだまだ解明されていない自然や宇宙の謎はたくさんあるし、自然をコントロールしようなんて考えてはいけない、と。きっとしっぺ返しが来るとおもうのです。


鳥の大量死と地球の磁極移動(ポールシフト)、シアン化水素、HAARPの謎

Earth's magnetic pole shift unleashing poisonous space clouds linked to mysterious bird deaths

マイク・アダムス(ヘルスレンジャー)
by Mike Adams, the Health Ranger

2011年1月13日

 ここ2週間のあいだに数千羽もの鳥が原因不明の死を遂げているが、この謎を物理学的に説明できそうな事象が明らかになりつつある。発端はタンパ国際空港(フロリダ州)の滑走路だ。滑走路に描かれた番号表示を書き換えるため、すべての滑走路が閉鎖されていた。なぜこれらの表示は書き換えられたのだろうか? それは地球の磁極が移動しており(ポールシフト)以前滑走路に書かれた数字が航空機の精密な磁気測定器の値と一致しなくなってしまったからだ。

 Psyorgでは以下のように説明している。

空港の第一滑走路は18R/ 36L、つまり、北から進入した場合は北から180度(真南)の角度で、南から進入した場合は北から360度の角度で走る。このほど米連邦航空局(FAA)は、磁北極の移動に対応するため、これを19R/ 1Lに変更するよう空港側に要請した。

 このことから、物理学的事実その1が導き出される。

物理学的事実その1:地球の磁極は移動している
(ほんのわずかではなく、空港の滑走路に影響が及ぶほど)

続きを読む >>

市販のボトル入り「ミネラル・ウォーター」は安全?

 翻訳記事の第2回めは、ボトルで売られているミネラルウォーターについて。  

 使い捨てられるボトルや長距離輸送が環境に悪いとか、プラスティックから溶け出す化学物質の危険性とか、わかってはいても、あまりに便利なボトルの水。

 ちなみにビスフェノールAに関しては、厚生労働省からもコメントが出ています。  



市販のボトル入り「ミネラル・ウォーター」は安全?

This Everyday "Healthy" Beverage Poisons Your Body
One Swallow at a Time

マーコラ博士
By Dr.Mercola

2011年1月15日

 ボトルウォーターに関して、さまざまなことが言われている。水道水より健康に良い、ビタミン補給ができる、実は水道水と変わらない、非常に環境負荷が高い、などなど。

 水については矛盾した情報が錯綜していて、混乱を招きがちだ。ここでは情報の山に切りこんで、健康的な水分補給法を探っていこう。

環境への影響
 ピュアなイメージの裏に隠そうとしても、そうはいかない。ボトルウォーターは、環境を破壊する。毎日、6700万本もの水のボトルが廃棄されている。

 水のボトルはたった10%しかリサイクルされていないのだから、膨大な無駄といえるだろう。リサイクルは良いことという印象があるが、実際は手間や費用がかさみ、天然資源も消費するため、必ずしも生態系にとって最善の手段とはいえない。それに、使用済みボトルを「リサイクル」と書かれたゴミ箱に放り込んだからといって、リサイクルできるとは限らない

 そしてもう一つの問題は、プラスティックやガラスのボトルという重い荷物を、スーパーや自宅、オフィスまで輸送するために必要になる大量の燃料だ。

続きを読む >>

食品安全近代化法はいかにして米国の雇用や農家、地域の食を破壊するか

 さまざまな有益情報を提供されているサイト、Beyond 5 Sencesの為清勝彦さんの呼びかけに賛同して、情報記事の翻訳/掲載をすることにしました。

 第1回めは、米国で成立した食品安全近代化法が小規模農家に及ぼす影響について。年間50万ドル以上売り上げた農家には、「いじめ」ともとれる煩雑な報告義務等が課される。これにより小規模農業を立ち行かなくし、寡占的大規模農業に集約しようという狙いがあるものとみられる。



食品安全近代化法はいかにして米国の雇用や農家、
地域の食を破壊するか

How the Food Safety Modernization Act will destroy American jobs, farms and local foods

マイク・アダムス(ヘルスレンジャー)
By Mike Adams, the Health Ranger

2011年1月12日

 食品安全近代化法は実際のところ、地元のレストランや食料品店向けに作物を生産している地域密着型の小規模農家に対し、どのような影響を及ぼすのだろうか? このことを確かめるべく、テキサスに赴いて数人の地元小規模農家の人々に会い、S510法案:食品安全近代化法による彼らへの影響はどのようなものかを聞いてみた。

 HomeSweetHome.comのファーマー・ブラッドへのインタビュービデオはこちら

 以下はS510法案と、テスター修正案の小規模農家への適用除外について話した内容を簡単にまとめたものだ。

ファーマー・ブラッド(以下FB):「枠の中に留まって、それ以上ビジネスを拡大するな」だなんて、あまりにも非アメリカ的だよ。50万ドルが収入上限だなんてね。

ヘルスレンジャー(以下HR):農業の破壊だね。

FB:ビジネスプランやどうやって作物を売るかを、全面的に見直さなければならなくなった。卸売はやめる。シェフやレストランへの販売をやめて、消費者への直販だけになる。

HR:事業拡大から手を引く?

FB:そうなるね。去年この問題が起こって、様子を見ていたんだ。いくつか計画を保留にして、ビジネスを手控えてきた。繰り返しになるけど、これがこの法案が地域の食のシステムにもたらす影響なんだ。

HR:そうだね。

FB:稼ぎすぎちゃ困るんだ。

インタビュー全編はこちら



続きを読む >>

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
twitter
訳書


social library
BCCCS
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
SEO
無料でSEOならSEO.CUG.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ボタニカル・ライフ―植物生活
ボタニカル・ライフ―植物生活 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう
都会のベランダで、小さな緑たちのしたいようにさせる、自由放任園芸。植物たちとの日々は、静かで悦びに満ちている。
recommend
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

少女たちが神隠しに遭ったのは、少女という生きものがこちらの世界とあちらの世界のはざまをたゆたうものだからなのかも。
recommend
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
町でいちばんの美女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
チャールズ ブコウスキー
貴男が私を愛しているって証拠が欲しくて、私は私を傷つける。
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links