ドライオレガノ

オレガノが旬を迎えている。

花が咲きかけたところを摘みとって、陰干し。数日して乾いたら、茎から花と葉を外す。
花が可愛いから、咲かせないのがちょっともったいないけど、この時期がいちばん香りが良いらしいので。

オレガノを育てて何年かになるけど、いつもフレッシュで使っていて、ドライにするのは初めて。

イタリアの生産者が「オレガノの香りがあるのは花だけ」と言っていて、気になっていた。売っているのはたいがい葉なんだけど、その人にしたら、捨てるところなんだろう。

じゃあ花ってどれほどなの? って、乾燥した花を嗅いでみたら、ラベンダーのような、スーッとした香り。

さてこれをどうしようかと、豚肉に塩胡椒と共にふりかけてみた。
花だけあって、見た目も綺麗。

これをにんにく、トマト、エリンギと炒めてみた。爽やかな香りのトマト炒め。

サンセベリアの花

100均で買ってきたサンセベリア、もう7年くらいになる。

元気に増えまくって、2人にあげた。うちには現在4鉢ある。

そのうち、いちばんの古株が開花!

サンセベリアの花は、ちょっと珍しい。7〜8年経って、株が成熟すると花をつけるらしい。百合のような甘い香りがする。

何年ものあいだ、泣いたり笑ったり、いろんなわたしを黙って見守ってくれたサンセベリア。なかなか咲かない花が咲くというのは、なんだか達成感があっていい。

ベランダ模様

ネジバナが咲いている。

IMG_0930.JPG

IMG_0915.JPG
ちっちゃいけど蘭!

グレープフルーツには揚羽蝶が産卵
butterfly.jpg
今年は寒かったせいか、蝶がくるのがずいぶん遅い気がする。


野いちご

ワイルドストロベリーがたくさん実をつけた


苺のたぐいは、見た目も可愛いし、甘酸っぱい味もすき。

小さいころ、その辺で摘んで食べていたのは木いちご(ラズベリー)だったかな?

芽がでた

バジル発芽!

正確にいうと、まだ葉っぱは出てきてないので発根?

バジルはいつも苗から育てていたのだけど、去年は種ができるまで放置してみた。乾燥した花を崩しながら、種どんなんかな、っておもったら、超ちっちゃいの。

蒔いて5日めくらいで発芽。大きくなれば丈夫な植物も、発芽のころは弱いので、会社に行って一日様子が見られないのとか、すごく心配。

残りの種は実家に送った。去年送ったオレガノやカモミールも、元気にしているらしい。

近頃、母や祖母との話題は植物のことばかり。血筋なんだろうなぁ。



神代植物公園

みどりいっぱいでしあわせな季節、多幸感をさらにブーストすべく神代植物公園へ。

薔薇園も見事らしいのだけど、バラフェスタは2週間ほど後ということで、今はまだ咲いていない。

今盛りだったのは、
牡丹とか
ゴージャス!

つつじとか。


しかしいちばんのハイライトは、温室で開催されていた多肉の展示!

なんでこんなにもふもふなのか。。
おしゃれキャット マリーに似てない?

他にも変な子いろいろ。

広大な園内を、足が痛くなるまで満喫して(ヒールで行ってしまったため)、深大寺そばをいただいて、帰宅。

しあわせ

グリーンなネイル

ゴールデン天気!

新緑なネイル

まったくノープランでサロンにいって、葉っぱっぽく、などと変なオーダーをし、失笑される。

一緒に写っているのは、新芽をわさわささせ始めたグレープフルーツの木。

新緑

学校の新しいクラスがはじまって、ひさしぶりに登校。

新しいクラスは、最終形態なので、なかなかに厳しそう。でも、ステップアップしなくちゃ意味がないしね。

青山霊園では、八重桜がぼってりと咲いていた。
白とピンクが混じった、ちょっと珍しい桜


おうちに帰って、ベランダのワイルドストロベリーの様子をうかがってみれば、雨のち晴れで絶好調、いくつも花が咲いていた。
美味しい苺がまちどおしい



おばけオレガノ

「雑草の寄せ植え」鉢のオレガノが巨大化!
この鉢は、もともとカモミールの鉢だったんだけど、いつしか勢力を弱め、そこへ可愛らしいネジバナが居着いたので、もっぱらネジバナの鉢として面倒をみていた。オレガノは、近くの鉢から種が飛んできたみたい。

ネジバナは他の植物との共生を好むらしいので、オレガノも放っておいたんだけど、ここまで大きくなるとネジバナに日が当たらなくなってしまいそう。。ということで、鶏肉とブナピーとパスタにして食べてしまいました。加熱された生葉を噛みしめると、やっぱマジョラムの仲間なんだな、って渋い香り。

オレガノ本家の鉢もわさわさしてきた。乾燥させたほうが香りが良くなるらしいので、今年はドライにしてみようかな?

緊急性の高い仕事とか、学校の試験とか、ひと段落つく。ふう。


木瓜の花がほぼ終わり、新芽にアブラムシがたかりだしたので、はじめての剪定をし、薬をかける。

ほっとくと伸び放題になる木瓜、樹形が綺麗じゃないのはわかっていたけれど、なるべくしたいようにさせる主義なので、今まで剪定したことがなかった。しかし、鉢植えなのだから、ひょろひょろした枝ばかり増えても、全部花が咲くほど太くなれはしないだろう、って敢行。すっきりさっぱり。


あたたかくなると、フレッシュなものが食べたくなる。トマト、セロリ、玉ねぎ、マッシュルームとにんにくで、スープをつくる。

セロリはサラダで食べるのは好まないけど、煮込まれているのは好き。葉もざくざく投入する。キッチンじゅうセロリの匂い。香草好きだから、気にならない。いまいちだった白のスパークリングワインを注いで煮込む。

煮すぎずに、すこし食感が残るくらいのが、野菜感があっていい。味つけはコンソメと胡椒で。


沈丁花も香っているし、桜のつぼみもふくらんでいるし、あとひと月ほどすれば、いろんな種を蒔くのが楽しみ


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
twitter
訳書


social library
BCCCS
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
SEO
無料でSEOならSEO.CUG.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ボタニカル・ライフ―植物生活
ボタニカル・ライフ―植物生活 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう
都会のベランダで、小さな緑たちのしたいようにさせる、自由放任園芸。植物たちとの日々は、静かで悦びに満ちている。
recommend
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

少女たちが神隠しに遭ったのは、少女という生きものがこちらの世界とあちらの世界のはざまをたゆたうものだからなのかも。
recommend
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
町でいちばんの美女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
チャールズ ブコウスキー
貴男が私を愛しているって証拠が欲しくて、私は私を傷つける。
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links