天国に一番近い道北

 北海道はとても広くて、同じ道内といっても私の住む札幌から最北端の稚内は約330km、東京からだと名古屋まで行けてしまうほど遠い。

 

 私はこの道北の風景が大好き。

 

 何がいいかというと、手が届きそうなくらい雲が近くに見えるところ。

 

 標高が高いわけでもないのに、なぜ雲が低く見えるのかはわからない。雲が低いということは、空が近くに感じられるということで、とても幻想的なのです。

 

 と、力説したけれど、それを写真で伝える技術は私にはないので、写真はまったく別物、防波堤ドーム

 

巨大建築が好きなので、このような大きなものにそそられてしまう。

 

逆から見たところ

 

中を歩くとこんな感じ

 

でっかいでしょ?


降りてくるかんじ

優れた芸術は、神からのメッセージ説。

同感。アバターとか、露骨にそんな感じ。

意図的にメッセージを込めているものだけではなく、自覚なく、自動筆記的に作られた作品もあると思う。

わたしは宗教画が好き。聖書や経典の場面を描いているものだけど、なかには憑かれたようになって、恍惚として描かれたものもあるんじゃないかな。

ラファエロ大好き。


空も飛べるはず

寝苦しい夜は、明るくなる直前くらいに眼がさめる。

なかなか眠りに戻れず、寝返りばかりうち、やっと眠れたとおもったら、夢をみた。

すいすいと滑るように歩いていて、何故かとおもえば、路面が凍っている。重力から自由な感じから、飛ぶことを連想した。飛べるんじゃないか、って。

というのも、夢のなかでわたしは、これが夢であると認識していたので。

夢のなかでしかできないことっていえば、やっぱり飛ぶこと。

わたしはたびたび飛ぶ夢をみる。飛ぶためには、意識を集中する。(同じことが、英国の児童書にも書いてあった。作者も夢で飛んでいるのだろうか?)その感覚は、目覚めているときにもはっきり記憶している。

この機会に飛ぼう! って、わたしは意識を集中した。なかなかコツがいるのだけど、ついに成功した。短い時間だったけど、楽しめた。

飛ぼうとがんばっていたとき、頭に流れていたのは『空も飛べるはず』(スピッツ)。なんてベタな。。

カレー飛び

毎夜毎夜、幽体離脱を試みるも、そのまま寝入ってしまう日々。

でも今朝、ふたたびshort tripに成功きのこブルー

眼が覚めて、でも今日はお休みだから、て、またベッドへ。
あっけないくらいすぐに、予兆。
いつも音が聞こえるんだけど、だいたい金属的なノイズみたいのが多い。
けど、今日は珍しく暴風のような音だった。
で、また青い光。
閉じたまぶたの裏がスクリーンになっていて
そこに目まぐるしく青い光や太陽のある空なんかの映像が投影されるようなかんじ。

肉体から幽体を引きはがす。
結局失敗して、肉体で立ちあがっちゃった、と感じたのだけど
実は肉体は動いてなかった。(後で気付いた)

また横たわる自分を見ることはできていなくて
自分の意志で夢のなかを闊歩しているという状況。

外国の?カレースタンドで、美味しいカレーを食べた。
味、匂いなどの感覚がはっきりとある。

最終的には、外の騒音と、腕の痺れ(曲げていた)によって
呼び戻され、終了。

Fullmoon

最近、幽体離脱を試みています。

金縛りに遭ったり、幽体離脱から戻ってくる感じを味わったりしたことはこれまでにもあって、それを意図的にできるらしいと知ったので、やってみようかなと。
ここ1週間くらい就寝時に意識していたんだけど、なかなか成功せず。

昨夜はなんとなく意識と身体が離れそうな感じが…でもそのまま寝ちゃった。
そして朝方。夜のオシゴトを終えた某君からメールが届いて眼が覚めた。
ううーん、ってまた眠りに落ちる前に、そうだ、このタイミングを活用しよう!と思い立つ。

ひらめき意図的に幽体離脱するというのは
「身体だけ眠っていて、脳だけ起きている状態」
を作り出すことによって可能になるのです。
なので、寝る前とか寝ていて眼が覚めたときなんかが良いタイミング。

眼を閉じて、身体は沈み込むように眠りに落ち
意識だけ保たれた状態をイメージ。
結構すぐに、軽く痺れたような感覚と耳鳴りが。
(これらは金縛り→離脱の前兆といわれています)
いいねーいいねー、と意識を集中。青い光が見えた。
よしよし、と、寝ている身体のうえに覆いかぶさっていくようなイメージで、意識を肉体から離していく。

ぴかぴか成功ぴかぴか

超短時間だったけど、成功事例は自信→次につながるのだ星
昨夜満月だったのもよかったのかな?

寝る前だと、自然の摂理でそのまま熟睡しちゃいやすいので
一旦寝てしまってから、眠りを寸断する方法のほうが
成功しやすいような気がする。
このパターンだと、さっきまで見ていた夢の中に再度入り込んでいくっていう手法も使えるし。
毎朝彼がメールをくれればな…なんてラブ

って、こんなこと書いているとちょっと壊れた人とおもわれそうだけど…

わたしは幽体離脱を
「睡眠時、意識と肉体のあいだに生じるズレ」
と解釈しています。心霊現象とはおもってません。

言ってしまえば「夢」。でも、意識がはっきりしているのでコントロール可能。
副作用のある物質を摂取することなく
自前の肉体のみでトベる健康的な方法!
というわけで興味があるのです。
(トビたがりって時点で壊れてるってツッコミは不要パー

ブログランキング・にほんブログ村へ


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
twitter
訳書


social library
BCCCS
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
SEO
無料でSEOならSEO.CUG.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ボタニカル・ライフ―植物生活
ボタニカル・ライフ―植物生活 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう
都会のベランダで、小さな緑たちのしたいようにさせる、自由放任園芸。植物たちとの日々は、静かで悦びに満ちている。
recommend
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]
ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

少女たちが神隠しに遭ったのは、少女という生きものがこちらの世界とあちらの世界のはざまをたゆたうものだからなのかも。
recommend
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
町でいちばんの美女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
チャールズ ブコウスキー
貴男が私を愛しているって証拠が欲しくて、私は私を傷つける。
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links